福祉用具の修理・引き取り


■車いすで壊れやすい部品1:前輪キャスター
   

【症状】
  左:エアレスキャスタの場合。車輪のゴム成形部が剥離・脱落しています。
    エアレスタイヤの登場初期の車いすでは,油分抜けなどでクッションゴムが脆化して
    簡単に脱落します。(素材自体が粉っぽくなります。)

   右:エアキャスタの場合。 外周面が著しく摩耗して,補強繊維層が露出しています。
    クッション性に優れており,ゴム素材にも耐久性がありますが,やはり長期間の使用によって
    タイヤの補強繊維層が露出します。ここまで年季が入っていてもパンクしていないのは,
    ある意味凄い性能(パッシブセイフティ)です。

【修理内容】
  車いすキャスター交換 (写真は5インチキャスター)

【修理費用】
  左右の車輪交換で7,500円 〜
  ※タイヤの種類によって費用が上下します。


■車いすで壊れやすい部品2:ひじ掛け
  

【症状】
  ひじ掛けのクッション材が一部欠損して,芯材が露出している。
   → 衣服の引っ掛かりや利用者の擦過傷などにつながります。
【修理内容】
  ひじ掛け交換

【修理費用】
  片側交換で2,800円 〜 ※車いすのメーカー毎に費用が上下します。


■電動機器の修理:段差解消機 … 詳細は 段差解消機の修理 ページをご覧ください。
 

【症状】
  昇降に使われている2軸の電動アクチュエータの同期が崩れ,下降運転時にリフト面が傾斜する。運転時に金属音がする。

【修理内容】
  電動アクチュエータ交換(今回の修理のケースでは,アクチュエータ2軸とも交換になります。)

【修理費用】
  100,000円 〜 ※故障部位により費用が異なります。