体圧測定に基づくクッション提案


 もんちゃんでは,男女別・体重別・じかに座った時の臀部の体圧分散状況から,クッションやマットレスを提案できます。また,寝ているときや座っているときに痛みを訴える方に対しては,局部的な体圧集中の程度を分析することができます。


 こんな道具を使います。。。

 【計測器】 体圧測定器:住友理工 SRソフトビジョン
小規模事業者持続化補助金に採択されたので,SRソフトビジョンの数値版(無線版 :税別348,000円!)買っちゃいました!


 使ってみて判ったのですが,SRソフトビジョンでは200mmHg以上の圧力が計測できません。コンタ表示(体圧分布のカラー表示)が真っ赤になり,数値が「XX」となってしまいます。 200mmHg以上の体圧を数値化したい方は,他の機種でないといけません。
 で,200mmHgという圧力は,お尻に結構な痛みが生じる体圧です。褥瘡予防の文献でも,200mmHgの体圧が2時間継続して加わると褥瘡好発とされています。

 [出展]褥瘡ケアハンドブック (先端医学社)



 もんちゃんは福祉用具屋なので,自分の店で取り扱う商品をよく知らないといけません。 しかしながら,クッションの性能って判りにくいですよね。 カタログから読み取れるのは,サイズと素材とカバー色や防水性といったところまでで,肝心のクッション性は判りません。
 インターネットでは,お座布の座り心地を評価・比較したサイトを数カ所見つけました。みなさん,クッションの性能について関心があるということですよね!


 そこで,もんちゃんではクッションの体圧分散性能(クッション性)を評価してみることにしました!


体圧測定器
低反発ウレタン
エルダークッション
ピタシートクッション55
デュオジェルクッション
FCコキュー君
メーカー
住友理工
衣料品販売店
アイソネックス
日本ジェル
ケープ
アイソネックス
クッション外観
厚さ[mm]
50
78
55
50
80
材質
低反発ウレタン
ウレタン複層
ウレタン+格子状
ジェル
ウレタン+ジェル
ウレタン+エア
体圧分散性
×
皮膚ズレ吸収
×
×
×
男性

68kg
女性

46kg
価格(税別)
348,000円
1,800円
7,600円
10,000円
27,000円
24,000円
コメント
坐骨や仙骨部に体
圧が集中していま
す。
 赤色部位は
200mmHg以上の
体圧であり,約2時
間の座位保持により
褥瘡発生のリスクが
あります。
体格の良い男性で
は,5cm厚のウレタ
ンクッションでは底
付きします。
 小柄な女性の場
合は,この位の対
策で十分な体圧分
散効果が得られま
す。
体圧分散性は良
好ですが,皮膚の
ズレの吸収は期待
できません。
 アンカー形状のた
め,骨盤後傾を抑
えて円背の進行を
抑止する効果が
期待できます
男性でも,臀部や
大腿部の体圧が
200 mmHgを下回
っています。
 座りはじめてジェ
ル素材が温まるま
では,冷やっとしま
すが,コスパのよい
製品
だと言えます。
男女,体格を問わ
ず,良好な体圧分
散特性を持ってい
ます。
 長時間座っている
方,座っているとき
に痛みを訴える方
にお勧めです。 
体圧分散性に優れ
たクッションです。ク
ッションの底面に広
く体圧を分散できて
おり,長時間座って
いても痛みを感じに
くいクッションです。


アルファプラクッション
アウルリハ ハイ
ロホ・ハイタイプ
メーカー
タイカ
加地
アビリティーズケアネット
クッション外観
厚さ[mm]
60
80
100
材質
ウレタン+ジェル
ウレタン+ジェル
エア
体圧分散性
皮膚ズレ吸収
男性

68kg
女性

46kg
価格(税別)
27,000円
26,000円
51,000円
コメント
 座骨・仙骨の体
圧集中を抑えつ
つ,過剰に体圧を
分散させません。座
ってもふわふわせ
ず,姿勢を保ちや
すいクッションです。
 また,同等の体
圧分散性をもつクッ
ションの中で,厚さ
が6mmと薄い
のが
本品の特徴です。
体圧分散性が良
好で,体重を広く
座面に分散させま
す。表面の広範
囲にジェルを配し
てある
ので,皮膚
のズレも効果的に
抑制します。 厚さ
が8mmあるため,
車いすの選定には
注意が必要です。
パスカルの原理で,
男女・体格を問わ
ず,クッションの底
面隅々まで体重を
分散させます。ま
た,エアセルの倒れ
により皮膚ズレを軽
減します。褥瘡リス
クの高い方におす
すめ
です。

 概ね,価格が高いものは体圧分散性の面でも優れたものが多いという感じでした。一方で,姿勢保持に優れたものや骨盤の後傾を抑える効果が期待できるもの,フワフワ感が少なく自然な腰掛け感を維持できるものなど,各製品ごとに様々な特徴があることが判りました。

 体圧分散性の良いクッションは,総じて50mm以上の厚さがあります。下肢長が短い方の場合には,できるだけ薄いクッションを選んだり,車いすの前座高が低いものなどを併せて選定するなどの工夫が必要です。


【予防の重要性】
 座位の姿勢の悪化は,知らず知らずのうちに進行して円背や側弯をもたらします。円背が定着してしまうと,それが自然な姿勢となってしまい,後から骨盤の後傾を矯正しようとすると痛みが生じたりもします。 円背は胸郭を狭めるために呼吸をしづらくしますし,うつむき加減になってしまうと視野も狭まります。 痛みや円背姿勢の定着が起きる前に,クッション等の道具で姿勢を安定させることが重要です。若いうちは姿勢の矯正も効きますが,加齢に伴って不可逆的な姿勢の悪化となってしまいます。
 生活習慣病の予防,虫歯や歯周病の予防などと同様に,悪くなる前に手を打たなければならないものが,この”良好な座位姿勢”の維持なのだと考えています。

 MTGさんの”Style Athlete”です。

 褥瘡予防にはなりませんが,骨盤後傾を予防する商品に,上の写真のようなものがあります。 お店で試された方も多いのではないでしょうか。 福祉の仕事をしている方の間でも,ケアマネさんや福祉課の方など,予防意識の高い方が使っているのを見たことがあります。
 姿勢の矯正が効く若い人向けの商品ではありますが,これを使うと座っているときに骨盤が自然に起きます。
  20代,30代の時には気にも留めませんでしたが,何事も予防が大切なのだと最近になって実感しています。 日中座っている時間が長い人ほど,よい姿勢が保てる道具が必要ですよね!