マスクの性能について


 ガーゼでできていて,洗いながら何度も使っていたマスクも,今や毎日使い捨てる物へと変わってしまいました。 マスクの種類も,不織布を重ねる枚数であったり,活性炭が入っていたり,鼻・口まわりのフィッティング形状に工夫がしてあったり,様々なものが販売されています。

 メーカーさんがあの手この手で差別化を図ろうとしているこのマスク,そもそもマスクのお仕事は何でしょう。 花粉を吸わないこと,ウィルスを吸わないこと,小顔に見せること。。。

 マスクの本来の仕事は「微粒子の侵入を防ぐ」ことですよね! このページでは,マスクの性能や再利用のリスクについてお伝えしたいと思います。

 もんちゃんで取り扱っている”フジ・サージカルマスク”は,マスクの仕様として「PFE:99%」「BFE:99%」になります。 はて,PFE?BFE?99%? どの数字がいくつであれば,より多くの微粒子の侵入を防いでくれるのでしょう。


■ろ過効率”Filtration Efficiency”とは

 マスクでは,アメリカや日本の機関で,微粒子を遮断(ろ過)する効率を測定し,マスクの性能として箱や袋に表示しています。 指標には以下に示す3通りが用いられています。

遮断率試験
対象サイズ
ろ過対象
PFE(ラテックス微粒子遮断効率)
0.1 [μm]
インフルエンザウィルス
ウィルス単体(飛沫核)
SARSウィルス
結核菌ウィルス etc
VFE(生体ウィルス遮断効率)
0.1〜5 [μm]
インフルエンザウィルス
ウィルス飛沫(咳/くしゃみ)
BFE(バクテリアろ過)
3 [μm]
花粉
ウィルス飛沫(咳/くしゃみ)
 
 この表から,PFE試験が最も小さい微粒子のろ過効率を評価していることがわかります。
PFE99%という表記であれば,0.1μmの微粒子の侵入を,99%以上ろ過してくれる,ということなのです。

 マスクを選ぶとき,PFEの値が大きいもの程,微粒子のろ過性能が高いと言えますが,一方でフィルタの目が細かいので呼吸がしにくいという側面もあります。

 表中に,「ウィルス単体(飛沫核)」と「ウィルス飛沫(咳/くしゃみ)」という微粒子があります。これらの違いは,ウィルスの核に水分が付着しているか否かです。ウィルスの飛沫が3〜5μmなのに対し,飛沫が乾燥してウィルス核だけになると,その30分の1程度の大きさになってしまいます。

 前日に使用したマスクが,仮にインフルエンザウィルス飛沫をろ過してくれたとします。そこで翌日に同じマスクを使用したときには,飛沫が乾燥して30分の1のサイズの「ウィルス単体(核)」になっているかもしれません。
 こうなると,翌日に再度同じマスクを使うことで,むしろインフルエンザウィルスを吸い込むリスクが上がります。 もったいないですが,マスクが使い捨てである理由のひとつに,こういった理由があるのです。

 ※ 追記 過日,100円ショップのマスクを見てきたところ,BFE99%の表記はありますが,PFE表記がないものがありました。 風邪のウイルスなどは飛沫ですので,BFE99%の能力で充分ですが,PFEで99%以上を確認できない製品と仮定すると,厳密に衛生用品を運用するのであれば,翌日の再利用は避けた方が良いと思います。
 もんちゃんが販売している「フジサージカルマスク」は,100円ショップの枚単価(10円/枚)よりも安い,PFE99%のマスクなのです。(4円/枚!)


【参考資料】 日本衛生材料工業連合会「不織布マスクの性能と使用時の注意」より引用


 とても分かりやすい図ですよね! こうみると,花粉対策でPFE99%のマスクを使うのは過剰スペックなのかもしれません。